田中将大、日米通算2000奪三振達成 10勝目はまたお預け

10勝目を逃したヤンキース・田中(ロイター)
10勝目を逃したヤンキース・田中(ロイター)

◆ヤンキース2―6ホワイトソックス(27日・ニューヨーク)

 メジャーデビューからでは日本人初となる5年連続2桁勝利を狙うヤンキースの田中将大投手(29)が27日(日本時間28日)、本拠地で行われたホワイトソックス戦に先発。7回を投げて、今季ワーストの10安打4失点で10勝目はならず、5敗目を喫した。

 田中は7月31日のオリオールズ戦で9勝目を挙げ、10勝目に王手を掛けてから5試合連続で足踏み。8月は5試合に先発し、3試合がクオリティースタートの内容も0勝3敗に終わった。 

 4試合連続で足踏みが続いていたが、「内容には手応えを感じている」と好調を維持してマウンドに上がった田中。初回2死からガルシアをこの日2個目の三振を奪って、日米通算奪三振を「2000」の大台に乗せ、立ち上がりはスプリット、スライダー共に冴えた内容だった。

 両軍無得点の4回には、先頭のアンダーソンに右中間二塁打、ガルシアに三塁内野安打、パルカに死球を与えて無死満塁のピンチを背負った。だが、続くデビッドソン、ナルバエズと2者連続三振とし、最後はモンカダを遊ゴロに仕留めて、無失点に抑えると、マウンド上で雄叫びをあげた。

 田中の気迫に、打線も目を覚ます。4回にトーレスが先制2ラン。これまで先発した4試合、田中の登板中にわずか2得点の打線が、ようやく援護した形だが、追加点が奪えない中、中盤、田中が崩れる。6回1死から2本の当たり損ねの不運な内野安打と四球で満塁とされ、モンカダに右中間への2点タイムリーとなる二塁打を許して同点にされ、デルモニコの左犠飛で逆転された。さらに7回無死二塁からアンダーソンの右越二塁打で4点目を献上。球数98球で降板した。

(ニューヨーク=一村 順子通信員) 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請