【阪神】今秋ドラ1に東洋大・上茶谷が急浮上「タイガースの大河」なるか

阪神のドラフト1位候補に急浮上した東洋大・上茶谷
阪神のドラフト1位候補に急浮上した東洋大・上茶谷

 阪神が今秋のドラフト1位の有力候補に東洋大のMAX151キロ右腕の上茶谷大河投手(21)をリストアップしたことが27日、分かった。野手では大阪桐蔭高・藤原恭大外野手(18)を最上位に位置づけているが、現場は即戦力投手を熱望。金本知憲監督(50)の評価も高い上茶谷を筆頭候補に、即戦力投手を1位指名する可能性が高い。

 球団幹部によると、すでに金本監督も上茶谷の投球を映像で確認済み。ストレートの球威だけでなく、スライダー、チェンジアップ、フォークなど多彩な変化球とのコンビネーションが抜群で、1年目から先発の軸として活躍できるとみている。加えて、地元・関西の京都出身。「たいが」という名前もタイガースとの縁を感じさせる。

 甲子園を沸かせた藤原も魅力的な存在だが、チーム状況を考慮すると、将来の主軸候補より、来年の先発投手の獲得が急務。球団幹部は「明らかに先発投手の数が足りていない」と、ドラフトでの即戦力投手の必要性を訴えた。今季、借金6の4位と苦しむ最大の要因は得点力不足だが、先発投手の駒不足も深刻だ。藤浪が2勝3敗で2軍調整中。昨季12勝の秋山も今季は5勝10敗。規定投球回に達しているのはメッセンジャーだけで、その37歳の助っ人右腕が中5日で回っても、毎週、ローテに谷間が生じているのが現状だ。

 上茶谷の他に、同じ東洋大の甲斐野央(かいの・ひろし)投手(21)、梅津晃大(こうだい)投手(21)、日体大・松本航(わたる)投手(21)も即戦力候補としてリストアップ。また、金足農・吉田輝星投手(17)については、将来性を高く評価しているが、1位指名には慎重な構えだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請