さくらももこさん死去に、悲しみの声相次ぐ

実写ドラマ版「ちびまる子ちゃん」の撮影現場公開で会見する(左から)フジ・笠井信輔アナ、清水ミチコ、森迫永依、高橋克実、福田麻由子、モト冬樹、市毛良枝(2006年撮影)
実写ドラマ版「ちびまる子ちゃん」の撮影現場公開で会見する(左から)フジ・笠井信輔アナ、清水ミチコ、森迫永依、高橋克実、福田麻由子、モト冬樹、市毛良枝(2006年撮影)

 国民的人気漫画家・さくらももこさんの突然の訃報に、日本中に悲しみが広がった。その人柄をしのび、アニメ「ちびまる子ちゃん」関係者ら、多くの人から追悼の声が上がった。

 ★森迫永依(女優、06年にドラマ「ちびまる子ちゃん」で主演)「撮影では、温かい笑顔と言葉で優しく接して下さったこと、とても感謝しています」

 ★元E―girls・Aya(14年に「おどるポンポコリン」をカバー)「私たちの夢をかなえさせてくださり、日本中に笑顔と夢を与え続けてくださったさくらさんは、これからもずっとずっとみんなのヒーローです」

 ★賀来千香子(女優、エッセー集『さくら日和』に登場するなど親交が深かった)「人を楽しませることが大好きで、私たちが笑っていると、いつもうれしそうにしていたさくらさんの笑顔が忘れられません。心から残念です。まる子ちゃんとさくらさんの笑顔は永遠です」

 ★ちばてつやさん(漫画家)「漫画だけじゃなくて、エッセーもイラストも素晴らしかった。これからも、もっと活躍できたのに。日本の漫画界にとって大きな損失だ。本当にもったいない。残念だ」

 ★相田聡一・集英社「りぼん」編集長「類いまれなギャグセンスと、親近感あふれる登場人物、そして彼らへ注がれるまなざしの温かさが魅力で、瞬く間に一雑誌の域を越える大人気作品となりました。その誕生の舞台となったことは、編集部の大きな喜びです。早すぎる逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、いつまでも変わることなく輝き続けます」

 ★吉本ばななさん(作家)「青春を共に過ごしたももちゃん、闘病は知っていましたが、いつも元気にメールをくれるから回復を信じていました。言いがたいほど淋(さび)しく、残念です。友だちとして、たくさんの楽しい思い出をありがとう。私たちの時代に、まるちゃんやコジコジをもたらしてくれて、ほんとうにありがとう」

 ★木村カエラ(歌手、06年にドラマ「ちびまる子ちゃん」で未来のまる子役を演じた)「悲しくて、さみしくて、涙が止まりません。本当に大好きです。優しさをありがとう。本当にありがとうございますと、大好きですと伝えたいです。さくら先生の作品はずっとずっと私の宝物です」(インスタグラムより)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請