初音ミク「マジカルミライ2018」が大阪で開幕 ビリケンさんがカウントダウン

声をそろえてカウントダウンを行う(左から)ビリケンさん、ミクダヨー、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表
声をそろえてカウントダウンを行う(左から)ビリケンさん、ミクダヨー、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表
マジカルミライ2018公式デザイン衣装の初音ミク等身大フィギュア
マジカルミライ2018公式デザイン衣装の初音ミク等身大フィギュア

 今年8月31日に発売から11周年を迎えるバーチャルシンガー・初音ミクのライブと企画展を併催したイベント「マジカルミライ2018」が25日、大阪・住之江区のインテックス大阪で開幕した。26日まで。

 日本が世界に誇る電子の歌姫の創作文化を体験できる「マジカル―」は2013年にスタートし、東京では毎年実施。大阪での開催は2014年以来、2度目とあって、9時の開場前には約千人が行列を作った。オープニングではミクを開発したクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の伊藤博之代表(53)、ミクのキャラクターのひとつ「ミクダヨー」、大阪・通天閣の公式キャラクター「ビリケンさん」らのカウントダウンで大いに盛り上がった。

 朝7時から待機列に並んだ「ミクファン歴11年」の大阪・泉佐野市の自営業・大西淳さん(43)は「初音ミクは人じゃないけど、みんなの気持ちがミクさんの中に入ることで『カタチ』になっているところが好き。いろんな人たちの創作活動の集合体として、これからも今までと変わらず大きくなっていって欲しい」と、初音ミクのさらなる成長に期待を寄せた。

声をそろえてカウントダウンを行う(左から)ビリケンさん、ミクダヨー、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表
マジカルミライ2018公式デザイン衣装の初音ミク等身大フィギュア
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請