【鹿島】ACL見据え先発5人変更も…後半ロスタイム失点ドロー、今季初3連勝逃す

後半アディショナルタイムに同点とされ、うつむきながら引き揚げる鹿島イレブン(カメラ・酒井 悠一)
後半アディショナルタイムに同点とされ、うつむきながら引き揚げる鹿島イレブン(カメラ・酒井 悠一)

◆明治安田生命J1リーグ第24節 鹿島1―1磐田(24日・カシマ)

 1試合が行われ、鹿島は磐田と1―1で引き分けた。DF犬飼智也(25)のゴールで先制したが、後半ロスタイムに磐田FW大久保嘉人(36)に同点弾を許した。

 勝利目前でPKを献上し、今季初の3連勝を逃した。0―0の後半26分、DF犬飼がCKを胸で押し込み先制に成功。28日のACL準々決勝1回戦・天津権健戦を見据えて前節から先発5人を変更した中で奮闘したが、後半ロスタイムにDF安西が不用意なハンドを犯し、PKから失点した。犬飼は「全員がサボらずにしっかり戦っていたが、最後の最後に隙を作ってしまった」と悔しさをにじませた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請