金足農の鉄腕・吉田5回12失点で降板

6回から右翼の守備についた金足農・吉田
6回から右翼の守備についた金足農・吉田

◆第100回全国高校野球選手権記念大会 最終日 ▽決勝 金足農―大阪桐蔭(21日・甲子園)

 金足農(秋田)のエース右腕・吉田輝星(こうせい、3年)が、1―12で迎えた6回に、今夏初めてマウンドを譲った。

 秋田大会から全10試合で完投してきたが、この日は大阪桐蔭打線に5回12安打12失点(自責11)と打ち込まれた。

 6回からは、三塁の打川和輝(3年)が登板。吉田は一度マウンドへ駆け寄り、打川に声を掛けてから右翼へ向かった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請