アジア大会 バスケ男子4選手が帰国処分…いずれもBリーグ所属選手 山下団長「心から深くおわびしたい」

バスケ男子の不祥事で会見したアジア大会代表選手団の山下団長
バスケ男子の不祥事で会見したアジア大会代表選手団の山下団長

 日本オリンピック委員会(JOC)は20日、ジャカルタ・アジア大会に参加しているバスケットボール男子代表4選手を帰国処分としたことを明かした。公式ウェアを着用して夜の歓楽街を訪れていたことが、選手団の行動規定に抵触すると判断された。山下泰裕団長は「期待を裏切る結果になり、誠に残念であり、心から深くおわびしたい」と謝罪した。

 帰国処分を受けたのは、いずれもBリーグ所属選手で、橋本拓哉(23)=大阪=、今村佳太(22)=新潟=、佐藤卓磨(23)=滋賀=、永吉佑也(27)=京都=。聞き取り調査の結果、4選手は16日22時過ぎ、日本食の店で飲食。その後、女性が接客する店を紹介された。日系人の仲介で4選手はそれぞれ女性を伴ってホテルへ行き、行為へ及んだ後、17日未明にタクシーで選手村へ戻ったとされている。

 今大会のバスケットボール男子のエントリーは12人。当該の4人が選手団として認定取り消しになり、8人となったが、大会には引き続き参加する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請