近江の快進撃は8強でストップ 9回、2ランスクイズで逆転サヨナラ負け

スポーツ報知
逆転サヨナラ負けに呆然とする近江・林優樹(手前)と、倒れたまま悔しがる有馬諒の2年生バッテリー

◆第100回全国高校野球選手権記念大会第14日 ▽準々決勝 金足農3x―2近江(18日・甲子園)

 うつぶせになったまま動けなかった。まさかの逆転サヨナラ2ランスクイズに、有馬諒捕手(2年)は「想定外でした。2年生が終わらせてしまった。先輩に顔を見せられなかった」と号泣した。準優勝した01年以来の4強を逃した。

 6回に北村恵吾三塁手(3年)の今大会12打点目の適時打で勝ち越し。しかし9回は球場全体を支配する空気に圧倒された。「どこを見渡しても金足農の応援だった」と有馬。林優樹投手(2年)は「冷静な判断ができなかった」と悔やみ、2年生バッテリーが甲子園の魔物にのみこまれた。

 この日は多賀章仁監督(59)と新宮彩海マネジャー(3年)の誕生日。「何が何でも勝利をプレゼントしよう」と団結したが惜敗した。中尾雄斗主将(3年)が選手宣誓を務め、全国制覇経験校に3連勝した近江の快進撃は止まった。有馬と林は「俺ら2人でもう一回戻ってきて、日本一狙おうな」と誓い、甲子園の土を持ち帰らなかった。(牟禮 聡志)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×