報徳学園・小園、4強逃すも「甲子園は最高の場所」

9回、打球に飛びつく報徳学園・小園
9回、打球に飛びつく報徳学園・小園

◆第100回全国高校野球選手権記念大会第14日 ▽準々決勝 済美3―2報徳学園(18日・甲子園)

 今秋ドラフト上位候補の報徳・小園海斗遊撃手(3年)の夏が終わった。1点ビハインドの5回1死一、三塁の好機では、代わったばかりの済美のエース・山口直哉(3年)の外へのチェンジアップにバットが空を切った。チームは9回に1点を返すなど最後まで持ち前の粘りを見せた。しかし小園は3打数無安打に加えて守備でも9回に失策をするなど、思うような結果を残すことができず「自分の力不足。すごく悔しい」と涙を見せた。

 初戦の聖光学院戦では大会タイ記録となる1試合個人最多3二塁打を記録するなど、大爆発。しかし3回戦の愛工大名電戦では試合途中に軽度の熱中症になり、「野球人生で初めて」と話す3三振を喫すなど、思わぬアクシデントにも襲われた。それでも「体調面は大丈夫」とこの日は元気にプレーした。

 今後の進路については明言しなかったが「支えてくれた人にありがとうという言葉を伝えたい。甲子園は最高の場所でした。最後に粘りを見せられた。その粘りは自分の野球人生のひとつの引き出しになる。走攻守全てで魅せられるような選手になりたい」と最後はすがすがしい表情で話した。この敗戦の悔しさを胸に次のステージに進む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請