近江・北村恵吾、4の4連続適時打で計11打点、最多へマジック6

7回2死一、二塁、近江・北村が4連続適時打となる2点三塁打をレフトへ放つ(投手・榛村、捕手・根来)
7回2死一、二塁、近江・北村が4連続適時打となる2点三塁打をレフトへ放つ(投手・榛村、捕手・根来)
選手権大会の個人大会打点上位
選手権大会の個人大会打点上位

◆第100回全国高校野球選手権記念大会第13日 ▽3回戦 近江9―4常葉大菊川(17日・甲子園)

 近江(滋賀)の快進撃が止まらない。常葉大菊川(静岡)との3回戦は、プロ注目の4番・北村恵吾三塁手(3年)が4打席連続でタイムリーを放つ離れ業で6打点を荒稼ぎ。1回戦から3試合連続で甲子園V経験校を撃破し、準優勝した01年以来、17年ぶりに準々決勝に駒を進めた。金足農は、6番・高橋佑輔一塁手(3年)が8回に高校初アーチとなる劇的な逆転3ランを放った。8強が出そろい、18日は準々決勝4試合が行われる。

 “北村劇場”は初回から幕を開けた。2死一塁で、近江の北村が右中間へ適時二塁打を放った。「一番力が入っていた。自分の理想に近い打撃ができました」。3回に左前適時打、5回に右中間へ2点二塁打、7回に左越え2点三塁打を放ち、自身初の4打席連続適時打で6打点。4打席連続タイムリーは、昨夏準優勝の広陵・中村奨成(現広島)に続く快挙だ。今大会11打点とし、昨夏に中村が打ち立てた大会記録17打点の記録更新も視野に入った。

 昨冬から筋トレを強化。1年時に180キロだった背筋力が230キロになり飛距離が伸びた。初戦の智弁和歌山戦で左方向に2発。「春までは本塁打後に調子を崩していた。逆方向を意識した」と、この日は右方向へ2本の長打を放った。宿舎では毎日“卓球トレ”で動体視力を鍛えた。「みんなうまくて、野球の速い球に目を慣らしています」と笑いを誘う余裕も見せた。

 小学生の時からプロ野球が大好きで、テレビでセ・リーグを見て、ラジオでパ・リーグを同時に聴いていたほど。だが、進路は迷った。多賀章仁監督(59)と6月中旬に面談し「けじめをつけろ!」と背中を押され、プロ志望届を出すことを決意した。覚悟を決めた北村は「この夏、結果を残すために(練習を)一生懸命やりきった」。甲子園での大爆発で、目標のプロ入りにも前進した。

 初戦で春夏通算3度Vの智弁和歌山、2回戦で13年夏優勝の前橋育英(群馬)を破った。この日は14安打9得点で07年春の王者に完勝した。V経験校に3連勝し、準優勝した01年以来の8強だ。近畿3校が8強入りしたのは10年ぶり。多賀監督は「頂点に行ってもおかしくない感じ」と滋賀県勢初の甲子園優勝を予感した。

 18日は多賀監督の59歳の誕生日。北村は「監督に勝利をプレゼントしたい。第100回大会で近江旋風を起こしたい」と金足農の剛腕・吉田に挑む。(牟禮 聡志)

 ◆北村 恵吾(きたむら・けいご)2000年12月18日、岐阜・大垣市生まれ。17歳。北小2年時に軟式の「大垣北クラブ」で野球を始める。北中ではボーイズリーグの「西濃ボーイズ」でプレー。近江では1年春からベンチ入り。1年夏の滋賀大会から4番。高校通算44本塁打。好きな選手は日本ハムの中田翔。趣味はボウリングでハイスコアは250超。家族は両親と兄、姉。182センチ、83キロ。右投右打。

7回2死一、二塁、近江・北村が4連続適時打となる2点三塁打をレフトへ放つ(投手・榛村、捕手・根来)
選手権大会の個人大会打点上位
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請