【巨人】先発・メルセデスが5回、中日打線に痛恨の2点許す

5回1死満塁、高橋を併殺打に打ち取り山本(右)に向かいサムアップポーズをするメルセデス(左)
5回1死満塁、高橋を併殺打に打ち取り山本(右)に向かいサムアップポーズをするメルセデス(左)

◆巨人―中日(17日・東京ドーム)

 1-1で迎えた5回。巨人先発・メルセデスが、中日打線から3安打を浴び2点を奪われた。

 1死走者なしから1番・平田に左安打を打たれると、続く京田への死球で1死一、二塁。そこから3番・大島に右安打を浴び1点を許した。なおも1死一、三塁で、続くビシエドの中前適時打を浴びさらに1失点。さらに藤井に四球を与えて満塁のピンチを迎えたが、ここは高橋を二塁併殺に抑え2点にとどめた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請