【ソフトバンク】デスパイネ、右膝炎症で抹消

ソフトバンク・デスパイネ
ソフトバンク・デスパイネ

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(32)が17日、右膝蓋骨周囲の炎症で出場選手登録を抹消された。

 この日、福岡市内の病院でレントゲン、MRI検査を受け、同箇所の軽度の炎症と診断された。デスパイネは右膝痛のため、16日の楽天戦(ヤフオクD)で約2か月ぶりにスタメン落ち。代打で二飛に倒れていた。

 工藤監督は「しょうがない。基本的には10日間しっかり調整してほしい」と話した。代わってグラシアルが昇格。16日には内川が疲労性の体調不良で登録抹消されており、またも手痛い離脱となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請