【巨人】山口、4回6失点で7敗目 ヤクルト・原にプロ初完封許す

ベンチで試合を見る山口俊(左)と小林(カメラ・清水 武)
ベンチで試合を見る山口俊(左)と小林(カメラ・清水 武)

◆ヤクルト7―0巨人(16日・神宮)

 巨人は投打がかみ合わずヤクルトに完敗。カード負け越しで3位に転落した。

 先発の山口俊は4回6失点でKOされた。初回、雄平に先制の2点適時打を浴びると、4回までに4四死球と制球に苦しみ2回以外は走者を背負う苦しい投球。4回に集中打を浴び一挙4失点で試合を組み立てられずに降板し7敗目(8勝)を喫した。

 2番手の中川は3イニングを投げ1失点。山口俊から代わった5回に2死走者なしから失点し流れを呼び込めなかった。

 打線はヤクルトの先発・原の前に散発4安打とふるわず。原にプロ初完封を喫した。カード勝ち越しのヤクルトが2位に浮上した。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請