常葉大菊川が5年ぶり16強入り…エース・漢人が88球で完封

常葉大菊川先発の漢人(カメラ・義村 治子)
常葉大菊川先発の漢人(カメラ・義村 治子)

◆第100回全国高校野球選手権記念大会第10日▽2回戦 常葉大菊川3―0日南学園(14日・甲子園)

 2年ぶり出場の常葉大菊川は、エース・漢人(かんど)友也(3年)が日南学園を7安打で完封。5年ぶりの16強入りを決めた。7回途中7失点で降板した7日の1回戦(対益田東)から一転、テンポよく低めを突いて4併殺を奪うなど、わずか88球で最後まで投げきった。

 常葉大菊川は3回、1死から静岡大会で打率8割超をマークした1番・奈良間大己遊撃手(3年)が左前へ。相手の深い守備位置を見て、一気に二塁を陥れた(記録は二塁打)。その後、2死三塁とし、4番・鈴木琳央一塁手(3年)が左前に適時打を放ち、均衡を破った。

 6回には今夏初打席となった代打・岡田竜汰外野手(3年)が、初球を遊撃に適時内野安打。8回にも5番・伊藤勝仁右翼手(2年)が右前適時打を放ち、効果的に加点した。

 お立ち台に上がった岡田は「初球から振り抜くというのは決めていました。それが現実になったのでとてもうれしいです。漢人が頑張っていたので、それに応えようと思っていた。チームの役に立ててうれしいです」。静岡大会はベンチ外で、甲子園から背番号18で登録メンバーに滑り込んだ3年生は、夢見心地でインタビューに応じていた。

 日南学園は先発したエース・辰己凌晟(3年)が、11安打を浴びながらもブレーキの利いたチェンジアップを武器に8三振を奪う力投を見せたが、打線が三塁を踏めず。2年ぶりの16強入りを逃した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請