慶応エース左腕・生井「相手打線が怖かった」

2回2死三塁、高知商・山崎(右)に中前適時打を打たれ体勢を崩す慶応・生井 
2回2死三塁、高知商・山崎(右)に中前適時打を打たれ体勢を崩す慶応・生井 

◆第100回全国高校野球選手権記念大会 第8日 ▽2回戦 高知商12―6慶応(12日・甲子園)

 慶応先発のエース左腕・生井惇己(3年)は完敗を認めた。「実力不足です。相手打線が怖かった。どうやってアウトを取ったらいいのか、わからなかった」と悔しがった。

 逆転した直後の2回に打者11人の猛攻を浴びて7失点するなど、3回1/3を9安打12失点(自責5)と打ち込まれた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請