【楽天】岸、右膝痛でプロ最短1回で緊急降板

◆楽天0―10西武(11日、楽天生命パーク)

 先発した楽天・岸孝之投手(33)が、1回3安打3失点でプロ最短降板。平石監督代行は試合後、「ちょっと下半身の違和感を訴えていたので、大事に至るとあれなのですぐに代えました。(右)膝の違和感ですね。投げれば投げられたかも知れないけど、長引かれたら困るので」と説明した。

 4年ぶりの10勝目をかけてマウンドに立った岸は先頭の秋山に中前安打を許すと、続く源田を四球で歩かせて無死一、二塁のピンチを背負い、浅村に3ランを浴びた。その後も2四球を許すなど制球に苦しみ3四球3安打で3失点。2回のマウンドに上がる事はなかった。

 平石監督代行は「(右膝痛は)今日には始まったことではないと思う。大事ではないと思うけど…」とエースの状態を心配そうにしていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請