【横浜M】シュート3本で今季初の3連敗

 横浜Mは5日、敵地で川崎に0―2で完封負け。わずかシュート3本で、今季初の3連敗を喫した。

 夏場の過密日程を考慮し、中盤のMFイッペイを左サイドバックで起用するなど前節・広島戦から先発を3人変更。だが、昨季王者の川崎に序盤からペースを握られ、劣勢に。1点ビハインドの後半14分に山中とブマルを同時投入したが、得点にはつながらず。

 今季2度目の完封負けを喫したアンジェ・ポステコグルー監督は「内容的には五分五分だが、決めきれなかった。最終的には成功し、サポーターが誇らしいチームにする」と必死に前を向いた。川崎の下部組織出身のMF仲川は「やっと等々力のピッチに立てたことはうれしいが、あとは結果。プロの厳しさを味わったが、このスタイルをやり続けることは使命だと感じている」と、ブレずに攻撃的なスタイルを追い求める覚悟だ。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請