【甲子園】旭川大高、最速146キロ右腕・沼田翔平「状態は万全です」

9年ぶり8度目の夏舞台に挑む旭川大高
9年ぶり8度目の夏舞台に挑む旭川大高

 第100回全国高校野球選手権記念大会が5日、甲子園で開幕。旭川大高(北北海道)は6日、初戦を迎える。開会式後、約2時間の練習を行った。旭川大高は第4試合で佐久長聖(長野)と対戦。146キロ右腕・沼田翔平(3年)が全国舞台でベールを脱ぐ。 4万1000の大観衆が見守る中、旭川大高ナインが56校のトリを飾って行進した。「甲子園っぽいと感じました」。憧れ続けてきた大舞台。プロ注目の146キロ右腕・沼田の表情はすがすがしかった。

 沼田は、4日の紅白戦に先発し、初回だけで5安打3失点。まだ本調子とは言い難いが、端場雅治監督(49)は「心配は心配だが、あいつは紅白戦では打たれる。大丈夫」と笑い飛ばす。主将の青木亮樹三塁手(3年)が「軽く投げていたんだと思う。これから上げてくると思います」と言うように、ナインの信頼も揺るがない。

 100回目の今大会。同校が初戦で勝利すれば、北北海道勢の通算20勝、同校としても夏の甲子園は25年ぶりの勝利と、節目にふさわしい一戦となる。「状態は万全です」と沼田。“北海道ナンバーワン右腕”が、勝利で甲子園デビューを飾る。(宮崎 亮太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請