悲願の金 バド桃田 世界選手権で男子日本勢初V

桃田賢斗
桃田賢斗

◆バドミントン 世界選手権 最終日(5日、中国・南京)

 男子シングルス決勝で、第6シードの桃田賢斗(23)=NTT東日本=が、第3シードの石宇奇(中国)を21―11、21―13のストレートで下し、悲願の初優勝を果たした。同種目日本勢の優勝は史上初。16年の違法賭博問題後、世界選手権復帰となる今大会で最高の結果を手にして「感謝」を形にした。

 第1ゲームは競り合う展開が続いたが、13―11から一気に8連続得点で突き放した。第2ゲームも11―7とリードして折り返し、そのまま逃げ切った。相手の攻撃を持ち味の守備力でかわし、総合力の高さで世界一の座に就いた。

 自己最高の世界ランク2位となった16年4月、違法賭博問題への関与が発覚。無期限の出場停止処分を受け、金メダルが有力視されていた16年リオ五輪は参加すらできなかった。17年5月に出場停止が解除され、今季からA代表に復帰。4月のアジア選手権(中国・武漢)で男子単の日本勢初優勝。5月のトマス杯でも、出場6戦全勝で準優勝に貢献した。今大会も1回戦から6試合全てに勝利。復帰後は強さが際立っている。

 桃田は「世界選手権とか、五輪は特に意識していない。優勝したいとか考えていなくて、目の前の1つ1つを感謝の気持ちを忘れないで、全力で取り組んでいきたい」と話す。一度は閉ざされかけたキャリアを、再び歩ませてもらっていることの意味を、かみしめている。次戦はジャカルタ・アジア大会にも代表入りしている。20年東京五輪での金メダル。リオで成せなかった悲願に挑む男は、これからも1戦必勝を貫く。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請