山根会長の電波ジャック裏目、告発賛同派が過半数超えか…TVでグレー交際など告白

理髪店で散髪する山根会長
理髪店で散髪する山根会長
山根会長TVでの発言
山根会長TVでの発言

 不正疑惑の渦中にある日本ボクシング連盟の山根明会長(78)の“電波ジャック”が裏目に出た。全国高校総体が行われた岐阜市内の会場。告発した「日本ボクシングを再興する会」の幹部に、複数の都道府県連盟関係者が歩み寄った。「あれを見て賛同しないのはあり得ない。(地元に)帰って話し合います」。山根会長の釈明する姿が大きな影響を与えた。

 山根会長は3日朝から民放4局のテレビ番組に相次いで出演し、自身の主張を展開した。しかし、出演理由には元暴力団幹部の名前を挙げ「昨日、私の知人を呼んで『3日以内に引退しないと山根の過去をばらすぞ』と脅迫を受けました。だから僕は立ち上がったのです」と説明。一部で報じられた反社会勢力との交友について「約50年前の話で若気の至り。杯はもらっていない」と過去の暴力団組長との関係を明かすなど“ボロを出す”結果となった。

 同会関係者によると、今大会前まで告発者側が集めた議決権は47都道府県のうち21票だけだったが、この日までに5つほどの都道府県が新たに賛同。これまで報復を恐れて賛同できなかった県連盟も加わり、会長選挙などが行われた場合は過半数を超える見込みだ。「あれ(山根会長の出演)は大きかった。過半数を集めるための大事な一票。(賛同者が増えて)本当によかったです」と同会関係者。新たな賛同者は、各県の臨時総会で意思統一するために尽力する方針だ。

 ただ、11年に会長となった山根氏が12年10月の理事会で終身会長に決定して以降、会長選挙は行われていない。山根会長は辞任しないことを明言しており、世論や第三者委員会の設置を求めた日本オリンピック委員会(JOC)などの力を借りて、会長選挙を実施させなければならない。同会関係者は「今の体制を刷新して、信頼できるものを作り上げないといけない」と前を向いた。

理髪店で散髪する山根会長
山根会長TVでの発言
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請