稲垣吾郎「舞台は最高の場所」京都で主演ミュージカル初日

華麗なステップで歌声を披露した稲垣吾郎
華麗なステップで歌声を披露した稲垣吾郎

 元SMAPの稲垣吾郎(44)が主演するミュージカル「FREE TIME,SHOW TIME『君の輝く夜に』」(演出・鈴木聡)が3日、京都劇場で初日を迎え、公演前に稲垣が取材に応じた。

 1人の男と、国道沿いの宿屋で出会った3人の女性を巡る一夜の物語。幕間のショータイムでは、えんび服姿でステッキを片手に、映画「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン(49)をほうふつとさせるダンスと歌声を披露。「横目で相手を見たいけど、見られない。昔から真ん中で踊ることが少なかったんで、人を見てたんですけど…今回はできない」と笑わせつつ、共演の安寿ミラ(58)、北村岳子(58)、中島亜梨沙(35)ら実力派女優との息もピッタリ合わせた。

 取材陣から、ソロライブもいけるのでは? と振られると、最初は「ここだけでいいんじゃない?」と及び腰だったものの「要望があれば…。(今回の)ジャズバンドと一緒だったら格好いいですよね」とやる気もチラリ。昨年、安寿のディナーショーを観劇したそうで「食事をしてからショーを見るんだって驚きました。いつかやってみたい」と目を輝かせた。

 5日のAbemaTV「7・2新しい別の窓」(後5時)は京都で中継するとあって草ナギ剛(44)、香取慎吾(41)も観劇予定。「いいとこ見せたい。お互い成長していきたいので、自分の成長ぶりを見せられたら」と気合十分。「舞台はファンの方が一番よろこんでくれる。表情を見てると伝わるし、カーテンコールで皆さんの顔をみるとやってよかったと思うし、力をいただいている。空間を共有できる舞台は最高の場所です」と思い入れを語った。公演は26日まで同所で。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請