【ソフトバンク】育成ドラ4・大竹を支配下登録 背番号「10」

サインボールに新しい背番号の「10」を書き、ガッツポーズする大竹耕太郎
サインボールに新しい背番号の「10」を書き、ガッツポーズする大竹耕太郎

 ソフトバンクは29日、育成選手だったルーキー・大竹耕太郎投手(23)を支配下登録することを発表した。

 背番号は「10」で年俸600万円。ヤフオクD内で会見を行い「今年中の支配下を目標に取り組んできた。1つ目の目標がクリアできてうれしく思う」と笑顔をこぼした。

 地元九州・熊本出身の大竹は済々黌高から早大を経て、17年育成ドラフト4位でソフトバンクに入団した。

 入団後、ウェートトレーニングやフォーム改造の成果で130キロ台だった球速もMAX143キロにアップした。精密なコントロールも武器に2軍の先発ローテに定着。ウエスタン・リーグ22試合登板で負けなしのリーグトップの8勝、防御率1・87と結果を残し支配下登録を勝ち取った。「先発ローテに入って毎年、2ケタ勝てるような投手になりたい」と将来の目標を掲げていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請