【鈴鹿8耐】レッドブル・ホンダが首位 カワサキは2位に後退

ルマン式スタートで、2018年の鈴鹿8時間耐久レース決勝がスター
ルマン式スタートで、2018年の鈴鹿8時間耐久レース決勝がスター

 オートバイの世界耐久選手権の最終戦「コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース」の決勝レースが29日、三重・鈴鹿サーキット(1周5・821キロ)でスタート。台風12号の影響が心配されたが、予定通りの開催となった。

 1993年以来、25年ぶりの優勝を狙うカワサキ・チーム・グリーンはレオン・ハスラム(35)=英国=がホールショットを奪ったが、第1コーナーで10年ぶりに復活したホンダのワークスチーム、レッドブル・ホンダ・ウィズ日本郵便の高橋巧(28)に抜かれ2位に後退した。

 3番手はヨシムラ・スズキ・モチュール・レーシングのシルバン・ギュントーリ(36)=フランス=、4番手は大会4連覇を目指すヤマハ・ファクトリー・レーシングのマイケル・ファンデルマーク(25)=オランダ=が走行している。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請