BUCK―TICK・櫻井敦司「31周年に突入です。また、秋にお会いしましょう」 

都内でデビュー30周年を締めくくる全国ツアー最終公演を行ったBUCK-TICKのボーカル・櫻井敦司
都内でデビュー30周年を締めくくる全国ツアー最終公演を行ったBUCK-TICKのボーカル・櫻井敦司

 5人組バンド「BUCK―TICK」が26日、東京・東京国際フォーラムAでデビュー30周年を締めくくる全国ツアーの最終公演を行った。

 同所でのライブは初めて。最新アルバム「No.0」から収録曲全12曲に加え、最新シングル「Moon さよならを教えて」など、ダブルアンコールを含む21曲で力強いパフォーマンスを展開。「IGNITER」では、火柱の上がるド派手な演出で5000人を熱狂させた。

 ラストの楽曲「Solaris」の前だった。スポットライトを浴びたボーカルの櫻井敦司(52)は「今夜もお付き合い、ありがとうございます。長いツアー、スタッフに感謝です。何よりすごい温かい拍手、素晴らしい歓声で迎えてくれたファンの皆様、ありがとうございます」と感謝の思いを伝えた。10月から全国ライブハウスツアーを控え、「もう(メジャーデビューから)31周年に突入です。また、秋にお会いしましょう」と話した。

 9月21日のデビュー記念日に、昨年9月の野外ライブの模様を収録したブルーレイ&DVD「THE PARADE ~30th anniversary~」を発売する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請