【東千葉】木更津総合・野尻がサイクル安打!投げて6回0封決勝

2回無死、先制ソロを放つ木更津総合・野尻幸輝
2回無死、先制ソロを放つ木更津総合・野尻幸輝

◆第100回全国高校野球選手権記念東千葉大会 ▽準決勝 木更津総合9―2東海大市原望洋(23日・ZOZOマリン)

 木更津総合の4番・野尻幸輝(3年)が準決勝でサイクル安打を成し遂げた。まずは2回先頭だ。初球チェンジアップを捉え、高校通算21号の先制ソロを右翼席上段にたたき込んだ。

 「飛距離は意識していなかった。振り抜くところが自分の持ち味なので、豪快に振りました」。3回には右中間三塁打、5回には左前安打。そして9回無死一塁だ。右中間に二塁打を放ち、果敢に三塁突入を視野に入れるも二塁ストップ。プレー中、達成したことは知らなかった。「ベンチに戻ってから仲間に言われて気づきました。チームのために打つべきところで打った結果がサイクルとなってうれしい」。5打数4安打2打点。投げても6回無失点で、決勝進出に貢献した。

 背番号5だが強肩を買われ、昨秋から投手も兼任。最速は143キロだ。大阪桐蔭の根尾昂投手(3年)とは中学時代、ボーイズリーグ岐阜県選抜のチームメート。当時は根尾が3番、野尻が4番だった。「甲子園で根尾君と対戦したいです」。聖地まで、あと1勝だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請