【東兵庫】報徳学園・小園、G岡崎スカウト部長「三拍子そろったいい遊撃手」

スポーツ報知
1回無死、報徳学園・小園が中越え二塁打を放つ

◆第100回全国高校野球選手権記念東兵庫大会▽3回戦 報徳学園10―0神戸甲北=5回コールド=(19日・明石トーカロ)

 報徳学園の1番打者が、鮮やかな先制パンチを浴びせた。「初回の初球を振ろうと決めていた」。今秋ドラフト上位候補の小園海斗遊撃手(3年)は伊丹西との初戦に続いて、第1打席の初球を捉えた。中越え二塁打で出塁すると、長尾亮弥外野手(3年)の適時三塁打で2試合続けて先制のホームを踏んだ。プロ9球団が視察し、巨人の岡崎スカウト部長は「三拍子そろったいい遊撃手」と高評価した。

 小園の母・こず江さんは、なでしこリーグの前身・Lリーグの旭国際バニーズでMFとして4年間プレーした。元なでしこジャパンGKの山郷のぞみさんは高校の同級生だ。母の手料理のおかげで、昨秋から体重は7キロも増えた。

 3打数1安打で5回コールド勝ちに貢献。4回戦では、今春の県大会で1―2と敗れた滝川二と対戦する。「リベンジしたい。早く試合ができるのは楽しみ」。最初のヤマ場でも、小園が先制攻撃を仕掛ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×