【南神奈川】横浜・万波中正、投手“解禁”!147キロ出た 打でも2二塁打

9回に登板し1イニングを無失点に抑えた横浜・万波(カメラ・増田 寛)
9回に登板し1イニングを無失点に抑えた横浜・万波(カメラ・増田 寛)

◆第100回全国高校野球選手権記念南神奈川大会▽3回戦 横浜8―2逗子開成(18日・サーティーフォー相模原)

 3連覇を狙う横浜のプロ注目スラッガー、万波中正(まんなみ・ちゅうせい)中堅手(3年)が、昨夏甲子園以来となる公式戦登板で二刀流を“解禁”。1イニングを完全投球で試合を締めくくった。

 6点リードの9回から4番手で登板。「相手に気合で負けないように、ストレートで押していこうと思った」。最後の打者から空振り三振を奪うなど、打者3人をわずか6球、すべて最速147キロの直球で退けた。

 打っては2回2死からの第1打席で、逆方向の右翼フェンスを直撃する二塁打。続く第2打席では左前へタイムリー。相手の守備がもたつく間に二塁を陥れた(記録は二塁打)。「大きな収穫」と実りある2安打1打点だ。

 投打の活躍にも笑顔はない。「いつも負けることに不安を覚えて練習してます。勝つことに必死です」。日本一しか眼中にない怪物の渇望は、全国優勝でしか満たされない。(増田 寛)

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請