【ロッテ】山室球団社長、球団売却は「絶対ありえない」ZOZO前澤社長の球団経営意欲に

ロッテ・山室球団社長
ロッテ・山室球団社長

 ロッテの山室晋也球団社長は17日、本拠・ZOZOマリンの命名権を持ち、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が、球団経営に意欲を示したことについて、「絶対、(球団)売却はありえない」と明言した。

 楽天戦(ZOZO)の試合前に球場で報道陣に対応。「基本的にロッテではないと思います。売る意思はありませんし、今後も売る予定はありません。(本社を含むロッテグループの)総意と考えていただいて間違いない。絶対売却はあり得ない」と強調した。

 球団売却の打診、申し入れに関して「私の立場では分かりません」としながら、今後の交渉の可能性についても「交渉のテーブルにも乗らないと思います」と否定した。

 16年秋に球場命名権について、所有者の千葉市と球団、同社と10年総額31億円で契約合意。山室社長は「地元企業で一緒にやっている大事なパートナー」。(今後も)特に契約通りではないでしょうか」と語り、「ネーミングライツを通じて、野球に関心、魅力を感じられたのかなと。ツイッターの内容を見て、感じます」と印象を語った。

 球界参入の意思に関しては「野球界全体を盛り上げるという意味では、興味ある話だと思いますけど。新たに参入ということになると、いろんなご意見もあると思います」と述べた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請