【ソフトバンク】新外国人左腕・ミランダが入団「どんな形でもアウトを取りたい」

入団会見を行い、笑顔で背番号19を見せガッツポーズするミランダ
入団会見を行い、笑顔で背番号19を見せガッツポーズするミランダ

 ソフトバンクの新外国人、アリエル・ミランダ投手(29)=前マリナーズ傘下3Aタコマ=が17日、ヤフオクD内で入団会見を行った。単年契約で年俸4000万円。背番号は「19」に決まった。

 「キューバから来ました。チームの優勝に貢献できるように頑張ります」と意気込んだ左腕。メジャーでは通算44試合で13勝9敗、防御率4・72。主に先発で活躍したが「強い球を持っている左投手」と三笠球団統括本部長が指摘したように、首脳陣は中継ぎの適性を評価している。

 絶対的な守護神のサファテをはじめ、岩崎ら故障者が続出。先発で昨季16勝を挙げ、最多勝に輝いた東浜に続き、和田も離脱。今後、ファームでの登板を確認した後、1軍での起用方を見極める方針だ。

 ミランダは「先発でも中継ぎでもチームが必要とするところで投げたい。自信があるのは真っすぐ。三振を取るのが好きだが、どんな形でもアウトを取りたい」と、チームメートのデスパイネ、モイネロとともにキューバトリオでの活躍を誓った。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請