【岡山】オリックス・西を親戚に持つ西が5回1失点。創志学園がコールド発進

 ◆第100回全国高校野球選手権記念岡山大会 ▽2回戦 創志学園11―1玉野光南=5回コールド=(17日・倉敷マスカットスタジアム)

 創志学園が5回コールド勝ちで初戦を突破した。高校日本代表候補の西純矢投手(2年)が先発し、5回を2安打1失点6奪三振に抑えた。「初戦なので力が入った。自分の投球ができなかった」と反省したが、最速145キロをマークした。

 創志学園は0―1の初回、金山昌平内野手(3年)の2点適時打で逆転し、金谷温宜外野手(3年)の右前タイムリーで加点。2回は中山瞬外野手(3年)の左越え2ラン、3回は森田貫佑内野手(1年)の右前適時打、岡本伊織内野手(3年)の適時三塁打、宮崎竜成内野手(3年)の左犠飛などで4点を加えた。5回は金山の右越えソロでコールド勝ちを決めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請