【奈良】天理・太田椋、高校通算30号にスカウト陣くぎ付け 坂本勇人2世だ!

2回、3ランを放った天理・太田は、ベンチに向かってガッツポーズ(カメラ・牟禮 聡志)
2回、3ランを放った天理・太田は、ベンチに向かってガッツポーズ(カメラ・牟禮 聡志)
2回1死一、二塁、左越えに3ランを放つ天理・太田
2回1死一、二塁、左越えに3ランを放つ天理・太田

◆第100回全国高校野球選手権記念奈良大会▽2回戦 天理8―0奈良朱雀=7回コールド=(16日・佐藤薬品)

 奈良の天理が7回コールドで初戦を突破した。元近鉄内野手でオリックス打撃投手の暁氏を父に持つ太田椋内野手(3年)が高校通算30号の3ランを放った。今秋ドラフト上位候補を、スカウト陣が「巨人・坂本勇人2世」と絶賛した。

 「坂本2世」の打球がうねりを上げて左翼スタンドに消えた。今秋ドラフト上位候補の天理・太田が2回1死一、二塁で、高校通算30号をたたき込んだ。打球を見送ることなく、自軍の一塁ベンチに向かって大きく拳を掲げ「気持ちが入っていました。(ガッツポーズは)勝手に出ました」と汗をぬぐった。

 父・暁氏(47)は元近鉄内野手で現在はオリックスの打撃投手。開会式後には「最後の大会なので思い切って行ってこい」とゲキを受けた。視察に訪れたオリックスの谷口スカウトは本塁打直後に「すごい本塁打を見ましたよ」と暁氏に速報TEL。暁氏も「ありがとうございます」と息子の活躍を喜んだ。

 ネット裏のスカウト陣は口をそろえて、巨人・坂本に将来像を重ねた。巨人の益田スカウトは「三拍子そろったいい選手。近い将来は坂本みたいな選手になれる」と高評価。DeNAの吉田スカウト部長も「坂本に似ている」、オリックスの谷口スカウトも「坂本のようなスケールの大きな選手になってくれたら」と期待した。

 太田は昨夏も甲子園に出場して4試合で4安打2打点。3番・遊撃手として、ベスト4進出に貢献した。「今年は自分たちの学年。やってきた自信はあるので結果を出したいです。まずは甲子園に行かないといけない」。7回コールドで初戦を突破した強打者は、2年連続甲子園出場を見据えた。(牟禮 聡志)

2回、3ランを放った天理・太田は、ベンチに向かってガッツポーズ(カメラ・牟禮 聡志)
2回1死一、二塁、左越えに3ランを放つ天理・太田
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請