エンゼルス大谷、19日に右肘再検査へ 二刀流復活は8月中か

大谷翔平(ロイター)
大谷翔平(ロイター)

 エンゼルスのマイク・ソーシア監督が11日(日本時間12日)、右肘の内側側副靭帯(じんたい)を損傷した大谷翔平投手(24)が今月19日(同20日)に再検査を受けると発表した。

大谷は6月6日(同7日)のロイヤルズ戦で右手のマメの影響で4回で降板。同7日にPRP(プレートレット・リッチ・プラズマ=多血小板血漿)注射を受けた。同28日に再検査を受け、打者復帰へはゴーサインが出たが、投手復帰はその3週間後の再検査待ちとしていた。

 ソーシア監督は「19日に(投手も)制限なしになると期待している」と話した。早ければ8月中の二刀流復活が期待できそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請