【巨人】152キロ左腕メルセデスが支配下登録!昇格即、1軍先発デビューも

支配下登録されることが決まったメルセデス
支配下登録されることが決まったメルセデス

 巨人のクリストファー・クリソストモ(C・C)・メルセデス投手(24)が、育成選手契約から支配下登録されることが6日、分かった。近日中にも会見が行われる予定。来日2年目の今季、2軍で先発として好投を続ける最速152キロ左腕で、1軍の球宴前最後のカード、9日からのヤクルト3連戦(静岡、神宮)中に先発に大抜てきされる可能性も浮上した。

 メルセデスはドミニカ共和国出身。米マイナーなどでプレーし、17年1月に年俸230万円、背番号「026」で巨人と育成選手契約を結んだ。昨年は2軍と3軍でさまざまな経験を積み、チェンジアップ、シンカー、スライダーなど変化球の精度が向上。今季は2軍で主に先発として6登板、0勝0敗、防御率2・05と好調で、前回4日のイースタン・楽天戦(森林どり泉)では8回109球で2安打無失点と好投していた。

 球団は6月16日に同じくドミニカ共和国出身のアダメスを育成選手から支配下登録した。157キロ右腕は即1軍登録されてデビューを果たした。メルセデスも1軍で起用する構想があるからこその支配下選手昇格とみられる。9日からは前半戦最後のカードとなるヤクルト3連戦。静岡で行われる初戦はヤングマンが濃厚で、10、11日の舞台は神宮に移る。チーム状況次第だが、早ければ10日のヤクルト戦で初登板初先発する可能性も十分ある。

 昨年途中には子どもが生まれ、「1軍で活躍できるように頑張ります」と父親として決意を新たにした。妻子を残して単身、日本で奮闘。グラウンド内外で異国の環境に慣れようと必死で、ブルペンでは「アウトコース、インコース、コウゴにオネガイシマス」と話すなど、日本語もメキメキと上達している。

 メルセデスといえば高級外車「ベンツ」を連想するが、母国ではよくある名前だという。ハングリー精神あふれる左腕が、ビッグな夢をつかもうとしている。

 ◆クリストファー・クリソストモ・メルセデス 1994年3月8日、ドミニカ共和国生まれ。24歳。2012年から15年まで米レイズ傘下でプレー。先発と中継ぎとしてマイナー通算53試合に登板し、6勝10敗。17年1月に巨人と育成契約。昨年は2軍公式戦18試合に登板。今季は同6登板で26回1/3、防御率2・05。188センチ、82キロ。左投左打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請