稀勢の里、横綱ワースト8場所連続休場 背水秋場所「全て懸ける」

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=が5日、名古屋場所(8日初日・ドルフィンズアリーナ)の休場を表明した。年6場所制となった1958年以降の横綱では、貴乃花(現親方)を抜きワーストの8場所連続休場も、稀勢の里は直前の出稽古で横綱・白鵬(宮城野)の胸を借りて万全の体調で臨む重要性を痛感。進退を懸けて出場する秋場所(9月9日初日・両国国技館)は背水のラストチャンス。復活に向け今場所中から鍛え直すことを誓った。

 稀勢の里は休場8度目で初めてメディアの前に立ち経緯を自分で語った。この日、名古屋市西区の部屋で「調整がうまく進まず、まだ相撲が戻らない。また来場所、すべてを懸けて頑張っていきたい」と説明。これまでは師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が無念の表情で、時に涙を浮かべて話していたが、今回は自ら口を開き決意を示した。

 休場理由は夏場所に続き「左大胸筋痛」。急ピッチで今場所に間に合わせようとしたが、「もう1回チャンスをもらえたら。(痛みは)少しあるみたい」と田子ノ浦親方。休場は前日4日夕方に稀勢の里から申し出たという。「僕も(出場は)厳しいと話そうと思っていた」と師匠が説得する前に、「自分の気持ちに納得がいかなかった。昨日の稽古が終わって全体的に物足りなさを感じた」と九重部屋での出稽古を終えた後に決めたという。

 休めば不名誉記録を更新する難しい決断。判断材料は白鵬との胸合わせだ。2日に九重部屋で1年4か月ぶりの三番稽古。横綱同士で100%の力でぶつかり、「目が覚めた」と様子見の稽古では復活できないと気づかされた。翌3日は初めて宮城野部屋に出向いた。2日連続はダメージが残ると先輩横綱に回避されたが、ぶつかり稽古で胸を借り、取り戻す力のレベルを痛感。「目覚めた? 遅いくらいだよ」と白鵬は遠回しの激励だと明かしていた。

 横綱の3場所連続の全休は03年初場所から夏場所の武蔵丸(現武蔵川親方)以来。秋場所は途中休場すら許されない“がけっぷち”となるが稀勢の里の目には力があった。「相撲の感覚、筋力もだいぶ良くなってきた。あともう少し」。名古屋に残って場所中も稽古を続け、場所後の7月29日に始まる夏巡業には初日から参加する方向で調整している。必死に鍛えた成果を秋場所の土俵で見せつける。(網野 大一郎)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請