馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 新潟

【開成山特別】オジュウチョウサンの4年8か月ぶり平地戦出走に、林騎手「血統的には通用する」

ライバルのアップトゥデイトの主戦だった林
ライバルのアップトゥデイトの主戦だった林

◆開成山特別(7月7日・芝2600メートル、福島競馬場)

 障害界の絶対王者オジュウチョウサン(牡7歳)が、500万の開成山特別(7日、福島・芝2600メートル)で4年8か月ぶりに平地戦に出走する。障害重賞9連勝中、JG1出走機会5連勝中の16、17年JRA賞最優秀障害馬の異例の挑戦について、林満明騎手が語った。

 オジュウチョウサンの好敵手、アップトゥデイトの主戦を務めていた林は平地参戦に複雑な表情を見せた。「走ってほしくないなあ(笑い)。アップトゥデイトとの対決を見たいから」。自身は先月の東京ジャンプSでラスト騎乗となったが、15年中山大障害(アップ1着、オジュウ6着)の初対戦からジャンプレースを盛り上げてきた2頭の再戦を望んだ。

 しかし、前走の中山グランドジャンプ(芝4250メートル)のレースぶりを冷静に分析。「あれだけ走って、最後の3ハロンを36秒台で上がるからね。500万だからなあ。血統的には(平地の芝で)通用する」と、優秀な内容にハードラーの枠を超える可能性を示唆した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請