元UFCファイター、フランサが佐藤天破り、パンクラス新ウェルター級王者に

第12代王者に輝いたグライコ・フランサ(右)と佐藤天
第12代王者に輝いたグライコ・フランサ(右)と佐藤天

◆PANCRASE 297 ▽第12代ウェルター級 キング・オブ・パンクラス決定戦(5分5回戦) 〇グライコ・フランサ(4回1分15秒 チョークスリーパー)佐藤天●(1日・東京、スタジオコースト)

 第11代王者・阿部大治(27)がUFCに参戦するため返上したウェルター級のベルトをかけた王座決定戦は元UFCファイターのグライコ・フランサ(27)が、佐藤天(たかし、28)を破り、第12代王者となった。

 けがからの復帰後、4戦全てでKO勝利を挙げている佐藤が有利とされていたが、2回途中から互いに流血する大熱戦となった。

 打撃を中心に投げ技2連発で攻め立てる佐藤に、フランサも一歩も引かない展開。3回終盤、佐藤にバックからのパウンドを浴び続けたフランサだったが、これを耐えきると、4回開始早々に佐藤を金網に押しつけた。その流れで、バックを奪い佐藤を締め落とした。

 第12代王者は死闘後、マイクを握ると「オハヨウ」と第一声。「私は日本で戦えることを非常に誇りに思っています」ここまで日本語で話すと「UFCでも戦いたいと思っていますけど、今回はパンクラスという素晴らしい団体でベルトを巻くことができました。チームメイトとともに盛り上げていきたいと思います。オス」と通訳を交えて宣言した。(松岡 岳大)

格闘技

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請