【DeNA】浜口がプロ野球ワーストタイ記録…71年ぶり4者連続押し出し四球

3回2死満塁、会沢(手前)に押し出しの四球を与え呆然とする浜口
3回2死満塁、会沢(手前)に押し出しの四球を与え呆然とする浜口

◆DeNA―広島(1日・横浜)

 DeNA・浜口遥大投手(23)が1日、広島戦(横浜)の3回、プロ野球ワーストタイ記録で71年ぶりとなる4者連続押し出し四球などで、この回7四死球で5失点KO。3回途中4安打6失点で降板した。

 3回の1イニング5連続四球はプロ野球タイ記録、1イニング6四球はセ・リーグタイ記録と不名誉な記録に並んでしまった。

 同点に追いついてもらった3回、浜口にとっては悪夢が待っていた。

 1死一、三塁。鈴木に右中間へ勝ち越し二塁打を許した。その後、2死二、三塁となり打者はバティスタ。ラミレス監督が申告敬遠を選択し、満塁とした。ここからストライクが入らない。西川、会沢、そして投手の岡田、最後は打者一巡して田中と、4連続押し出し四球を出し、降板した。

 浜口は広報を通じ「自分の思うような投球が出来ず、チームに申し訳ないです」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請