片山晋呉、「猛省しています」も「今回、やったことはいつもと変わらなかった」

会見で頭を下げる片山晋呉
会見で頭を下げる片山晋呉

 国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開き、プロアマ大会で不適切な行動をとった国内男子ゴルフツアー通算31勝の永久シード保持者・片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=にすでに課している30万円の制裁金に加え、厳重注意の処分を下した。

 片山は理事会終了後、青木功会長(75)、石川遼副会長兼ジャパンゴルフツアー選手会長(26)らとともに騒動後初めて公の場で会見した。

 当日の状況について、「僕も20年以上、プロのトーナメントに出ていますが、朝一のホールということもあって、(同伴アマチュアと)コミュニケーションが取れていなかった。すぐに(アドバイスなど)何かできるという状況ではなかった。たまたま、打つ時に(練習を)やってしまった。許される範囲の中では今までもやっていた。今回、やったことはいつもと変わらなかったと思います。(アマチュアが怒るようなことは)今までなかった」と説明した。

 その上で「このようなことになってしまったし、自分が何かできることは、きちんと猛省をして、試合に出ないってことを決め、処分を素直に受けますってことが本当の自分の気持ちでした」と続けた。

 「自分の中でトーナメントプロとして、生活の中で(試合出場を)自粛しているというのが自分の中の一番の重み。それが自分の中で一番の気持ちかなと思います」と謝罪。「僕も20年やってきた中で、きちんとプロアマとはこういうものだということを教わらずに今まで来てしまったという事はあったと思います」と続けた。

 片山は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマで同組の招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させた。15日に文書で「当面の間、(ツアー)出場を自粛させていただく」と表明していた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請