片山晋呉の問題点は「同伴アマがパッティング中に了解なくパッティング練習をしたこと」…会見で野村修也理事が説明

会見で頭を下げる片山晋呉
会見で頭を下げる片山晋呉

 国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開き、プロアマ大会で不適切な行動をとった国内男子ゴルフツアー通算31勝の永久シード保持者・片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=にすでに課している30万円の制裁金に加え、厳重注意の処分を下した。

 片山は理事会終了後、青木功会長(75)、石川遼副会長兼ジャパンゴルフツアー選手会長(26)らとともに騒動後初めて公の場で会見。黒のスーツにネクタイで厳しい表情を浮かべた。

 当日の片山の言動について、同席したJGTO理事の野村修也・中大法科大学院教授は「同伴アマチュアの方がまだパッティングをしている最中に、片山プロが了解を取らずにパッティング練習に終始したことが問題だった」と説明した。

 また、同教授は「アマチュアの方はこれまでのプロアマ戦で同伴したプロとあまりに違う片山プロの態度にかなりの憤慨をしておられた。しかし、片山プロは侮辱的な発言や暴言、行為などは一切取っておらず、むしろ、すみませんという対応をしていた」と続けた。

 片山は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマで同組の招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させた。15日に文書で「当面の間、(ツアー)出場を自粛させていただく」と表明していた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請