【オリックス】先発復帰の吉田正が2安打「食らいついていきました」

5回2死一三塁、中前適時打を放った吉田正(カメラ・清水 武)
5回2死一三塁、中前適時打を放った吉田正(カメラ・清水 武)

◆西武2―4オリックス(26日・メットライフドーム)

 オリックスが手負いの4番の活躍で、パ・リーグ再開後初勝利を挙げた。

 右足首捻挫から3試合ぶりに先発復帰した吉田正が4回に左前安打を放つと、続くロメロが先制の12号2ランを左中間席に放り込んだ。5回2死一、三塁でもしぶとく中前適時打。「追い込まれていたので、食らいついていきました」と振り返った。

 まだ全力疾走はできず、試合前のアップからも外れるほど、万全ではない。「だいぶ良くなってきた。1日でも早くチームに貢献できるようにしたい」と歯を食いしばっている。

 22日のソフトバンク戦(ほっと神戸)では、リプレー検証の末にファウルが本塁打になる誤審にも泣いたオリックスだが、主砲の活躍で再出発を切った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請