市川海老蔵、麻央さん死去から1年「日々戦ってます」長男・勸玄君と「七月大歌舞伎」へ意気込みも

会見した市川海老蔵と堀越勸玄くん
会見した市川海老蔵と堀越勸玄くん

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(40)、長男・堀越勸玄(かんげん)くん(5)が、17日、都内で「七月大歌舞伎」(東京・歌舞伎座、7月5~29日)の取材会に出席した。

 昼の部は「三國無雙瓢箪久(さんごくむそうひさごのめでたや)」、夜の部は「源氏物語」を上演。「三國―」では海老蔵が、羽柴秀吉、勸玄くんは三法師役。「源氏物語」では海老蔵が光源氏、勸玄くんは幼少期の「光の君」を演じる。勸玄くんは歌舞伎座出演3回目。初めて昼夜の両演目に出演する。

 勸玄くんのけいこについて海老蔵は「毎日泣きながらやってます。今朝も泣いてました。パパが厳しすぎるという感じですね。基本の息継ぎや動き…ブログにはあげていませんが、朝も夕も。今日も帰ってから稽古します」と明かした。4月に勸玄くんが「歌舞伎の道に進みます」と宣言したことに触れ「進みますと言っちゃったから、多少は厳しく。あとは知ったことじゃない」と語った。

 取材の後半に登場した勸玄君は「いつもパパお仕事頑張ってくれてありがとうございます」と、海老蔵の似顔絵入りカードと手作りの小物入れをサプライズでプレゼント。海老蔵も「うれしいです。父の日は半ば忘れてました」と満面の笑み。勸玄くんはけいこについても「楽しい」とつらいそぶりを見せず「7月歌舞伎座、頑張るのでよろしくお願いします」と笑顔であいさつした。

 昨年6月22日に亡くなった妻の小林麻央さん(享年34)の一周忌にあたる「一年祭」を10日に行ったことをブログで報告したが「我々はまだまだどうもこうもない。日々戦っています。そう簡単に立ち上がれるものではない」と心境を告白。「娘や息子が前向きに、学校や幼稚園や学校に通ったり、楽しく過ごしている姿を見ると癒されるし、考えさせられる。(1年たった)今だからこそ悲しいこともいっぱいありますね」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請