【大学選手権】富士大、平昌五輪金メダリスト・佐藤綾乃のいとこ・龍世が奮闘

6回1死三塁、富士大・佐藤龍が右中間へ同点の適時二塁打を放つ
6回1死三塁、富士大・佐藤龍が右中間へ同点の適時二塁打を放つ

 ◆報知新聞社後援 第67回全日本大学野球選手権第2日 ▽1回戦 中京大4―2富士大(12日・神宮)

 プロ注目のスラッガーで富士大の佐藤龍世三塁手(4年・北海)が、6回1死三塁から左中間へ一時は同点となる適時二塁打を放った。

 佐藤龍は、平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜きで金メダるを獲得した佐藤綾乃(21)のいとこ。この試合チーム唯一の2安打で4番の役割を果たしたが、富士大は中京大の大内公貴投手(4年・栄徳)に6安打2得点だった。「チーム全体で2点しか取れていない。5点は取らないといけないです」と猛省した。

 大内は変化球が多いため、富士大は逆方向への意識を徹底。ビデオで毎日、研究した。「緩急があった。やはり全国クラスの投手を打たないといけない」と唇をかんだ。

 佐藤龍は3年の春季リーグ戦で首位打者と最多本塁打を獲得している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請