福山雅治、NHK初の高校野球テーマ曲作る 甲子園は「憧れの全てが詰まっている場所」

NHKの高校野球中継のテーマ曲を手掛けることになった福山雅治
NHKの高校野球中継のテーマ曲を手掛けることになった福山雅治

 NHKは7日、今年で第100回の節目を迎える全国高校野球選手権記念大会(甲子園球場、8月5日開幕)の中継テーマソングに、俳優で歌手の福山雅治(49)を起用すると発表した。同局が高校野球のテーマ曲を設定するのは初めて。福山は「『青春の輝き』を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるよう頑張ります」とコメント。テレビ朝日系の同中継テーマ曲を担当する人気グループ・嵐と“熱戦”を繰り広げる。

 全国の頂点を目指す球児たちに、福山が歌でエールを送る。

 NHKは、高校野球中継を通じて伝えたい日本人の原点「ふるさとを思う心」「敗者を思う心」「仲間を思う心」が、福山の楽曲の世界観と相通じる部分があり、幅広い世代に支持されているアーティストとしてテーマ曲制作を依頼。福山は「大変驚きました。と同時に大変光栄でございます」とオファーを快諾した。

 同局ではこれまで、大会テーマ曲「栄冠は君に輝く」などを甲子園中継や関連番組で使用してきたが、オリジナル曲は初めて。現在、福山は制作に励んでおり、7月上旬以降に発表される見込み。楽曲は試合のハイライトやふるさと紹介のVTRのBGM、中継のエンドテーマなどで使用するという。100回の記念大会を盛り上げるためのプロジェクトだが、同局担当者は「来年以降も使用する。長く歌い継がれる曲になれば」と期待を寄せている。

 夏の甲子園は「ふるさと長崎の出場校の勝敗は毎大会チェックしています」という福山。「子供の頃からテレビ観戦していた伝統ある甲子園に、野球のイメージとはおおよそかけ離れている僕が、音楽で参加させていただけるとは夢にも思っていませんでした」と、やりがいたっぷりの様子だ。

 小学生時代はソフトボールの投手で、中学生時代は3年間、ブラスバンド部に打ち込んでいるだけに、甲子園は「グラウンドもアルプススタンドも、憧れの全てが詰まっている場所」と敬意を表する。「甲子園でしか表現できない感動があるように思います。いつまでも忘れられない、大人になってもずっと心の中で抱き続けている『青春の輝き』が」。灼熱(しゃくねつ)の太陽のもと、汗まみれで戦う球児たちに寄り添うテーマ曲になりそうだ。

 民放では、テレビ朝日系の中継キー局・ABCテレビ(大阪市)が100回大会の応援ソング、ならびにダイジェスト番組「熱闘甲子園」のテーマ曲として、ゆず・北川悠仁(41)が作詞・作曲を務め、嵐が歌う「夏疾風(なつはやて)」を使用する。福山の“参戦”で、夏の風物詩はさらに盛り上がりを見せそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請