【DeNA】ラミレス監督、ダウン症の子どもたちと家族ら20人招待

スポーツ報知
試合前、自ら招待したダウン症の子供たちに、山崎と一緒にユニホームをプレゼントしたラミレス監督(左)

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA―西武(7日・横浜)

 DeNA・ラミレス監督(43)と球団が7日、西武戦(横浜)に「スペシャルビューティージャパン」を通じ、ダウン症のこどもたちとその家族ら20人を招待した。

 試合前に出迎えたラミレス監督は、山崎投手とともにサイン入りのユニホームを手渡し記念撮影。「球場で野球を見る機会がなかなかないので夢をかなえる企画が実現できてよかった。子供たちはピュアで笑顔を見ていると素晴らしい気分になる」と話した。

 ラミレス監督の長男・剣侍くん(3)がダウン症を発症していることから、同じ境遇の子どもたちをサポートしたいという考えのもと発案。球団の協力もあり実現した。先月にはダウン症の子どもへの寄付を目的としたLINE公式スタンプも発売している。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×