ワグネリアン、菊花賞回避濃厚…友道調教師「距離的に適性はどうか」

スポーツ報知

 日本ダービーを制したワグネリアン(牡3歳、栗東・友道厩舎)は牡馬クラシック2冠のかかる菊花賞・G1(10月21日、京都)に出走しない可能性が高くなった。友道調教師は30日、同レースで4着だったエタリオウが菊花賞路線へ向かうことを明かしたうえで、ダービー馬の今後については「距離的に適性はどうか。おそらく(エタリオウと)一緒に走ることはないと思う」と見通しを語った。同馬は福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出されており、夏場は当地で過ごす予定。正式なローテーションはオーナーサイドと協議したうえで決定される。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請