関東学連、内田前監督は「絶対的な力をカサに選手に不幸な行為をさせた」

関東学生アメリカンフットボール連盟の臨時理事会で決定した処分を発表する(左から)森本啓司専務理事、柿沢優二理事長、寺田昌弘監事
関東学生アメリカンフットボール連盟の臨時理事会で決定した処分を発表する(左から)森本啓司専務理事、柿沢優二理事長、寺田昌弘監事

 関東学生アメリカンフットボール連盟(関東学連)が29日、臨時理事会を開き、悪質タックル問題で揺れる日大への処分を発表した。

 この日夜、同学連の柿沢優二理事長(63)らが都内で会見。問題を調査した同学連の規律委員会(5月9日発足)が日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(29)が宮川泰介選手(20)に悪質なタックルを指示したと認定。内田前監督(62)と井上前コーチを8段階の処分のうち最も重く事実上の永久追放にあたる除名処分とした。

 守備を統括する立場だった森琢ヘッドコーチは除名に次いで重い資格剥奪、危険なタックルをした宮川選手には2018年シーズン終了までの出場資格停止処分。チームとしての日大には公式試合の資格剥奪処分が課された。

 規律委員会の森本啓司専務理事(48)は内田前監督への重い処分について「内田氏は絶対的な力をカサに行きすぎた指導を行い、その結果、1人の選手が不幸な行為を行った。内田監督の行きすぎた指導、それをおもんぱかるだけのコーチ陣、何も言えなかったチーム、すべてに内田監督の責任は非常に重要で今回の処罰になった」と断罪した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請