佐野史郎、フジの新ドラマで演じる狂気的な老人は「冬彦の10倍ぐらいひどい」

制作発表に出席した(左から)山崎樹範、佐野史郎、足立梨花、迫田孝也
制作発表に出席した(左から)山崎樹範、佐野史郎、足立梨花、迫田孝也

 俳優の佐野史郎(63)が29日、都内でフジテレビ系連続ドラマ「限界団地」(6月2日スタート、土曜・後11時40分)の制作発表会見に出席した。

 佐野は63歳にして連ドラ初主演。「ハトが豆鉄砲食らった感じ。台本を読んで『やけに出番多いな』と思ったら主演だった」と語った。団地を舞台に、古きよき団地像に執着し、隣人を脅かす狂気的な老人・寺内を演じるが、かつて流行語大賞にノミネートされるなど社会現象となった92年のTBS系連続ドラマ「ずっとあなたが好きだった」の当たり役「冬彦さん」をほうふつとさせる役柄。佐野は「やることは冬彦の10倍ぐらいひどい」と語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請