大阪桐蔭が大学日本一の日体大に連勝…ダブルヘッダーで「10点」「10点」

7回に今季1号となる右越えソロを放った大阪桐蔭・藤原(右)(カメラ・青柳 明)
7回に今季1号となる右越えソロを放った大阪桐蔭・藤原(右)(カメラ・青柳 明)

◆オープン戦 ▽大阪桐蔭10―5日体大 大阪桐蔭10―5日体大(27日・日体大健志台) 

 今春センバツで史上3校目の連覇を達成した大阪桐蔭が27日、横浜市内で昨秋明治神宮大会王者の日体大(首都大学リーグ)とのダブルヘッダーに臨み、2試合20得点を挙げ連勝した。チームは26日の近畿大会初戦突破直後に兵庫・明石トーカロ球場をバスで出発。異例ともいえる大会期間中の強行軍だったが、今秋ドラフト1位候補の藤原恭大中堅手(3年)が今季1号ソロを放つなど、疲れも見せずに破壊力を見せつけた。

 ダブルヘッダー1戦目の7回先頭。藤原は巨人・森福を思わせるサイド左腕の春田優成(3年)の内角スライダーを、右越えへ運んだ。「変化球を打たないと(今後)通用しないと思って狙っていた。自信になる一発だと思う」。昨年10月の秋季近畿大会1回戦以来、約7か月ぶりの高校通算22号に笑顔を見せた。

 復帰直後とは思えない存在感だ。昨秋に痛めた右膝の治療に専念するため、今春大阪大会を欠場。だが、センバツ決勝以来の公式戦出場となった春季近畿大会1回戦(対明石商)で、5打数5安打2打点1盗塁。兵庫から約8時間30分の移動を経て連戦となったこの日は、いずれも中堅で2試合に先発出場。日本ハム・大渕スカウト部長は「実戦に強い。いい肩も見せてもらった」と守備面も評価した。

 両校の指揮官が同世代で親交があり、スケジュールも合致したことから実現した一戦。日体大は今秋ドラフト1位候補の松本航、東妻(あづま)勇輔(ともに4年)が登板しなかったが、ベストに近い布陣で臨んだ。日体大は木製バット、大阪桐蔭は金属バットのハンデ戦だったが、夏の第100回大会の“本命”としての実力を発揮した。観客席は異例となる約600人のファンが詰めかけ、ある現役部員は「こんなに人が入ったのは初めて」と注目度の高さに驚きを隠せなかった。

 チームは来月2日の近畿大会準決勝で智弁学園(奈良)と対戦する。藤原は大学生相手の勝負に「勉強することと、絶対に負けない、勝つぞ、という気持ちだった。1番打者として、バッティングと足でチームを勢いづけたい」と気合を入れ直した。(青柳 明)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請