【広島】マツダスタジアム開場10周年でカラフルに

マツダスタジアムはポルトガル・アゲダ市の傘まつりを再現。大量の傘がファンを出迎えた
マツダスタジアムはポルトガル・アゲダ市の傘まつりを再現。大量の傘がファンを出迎えた

 マツダスタジアムの開場10周年を記念して、25日の中日戦(マツダ)から特別イベントが始まった。ポルトガル共和国のアゲダ市の「傘まつり」、カンポマイオール市の「紙花まつり」を忠実に再現。カラフルな傘と紙花が球場入り口でファンを出迎えた。

 午前中には記念セレモニーが行われ、ポルトガルのフランシスコ特命全権大使、カンポマイオール市のリカルド市長、アゲダ市のエディソン副市長らが出席。フランシスコ大使は「松田オーナーがポルトガルのイベントを選んでくれて、感謝していますし、うれしく思います」と感無量の様子。リカルド市長は「カンポマイオールと広島の信頼と友情に基づいた関係が、今後も続くことを祈っております」とあいさつした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請