「何年か前の関学が一番汚い」日大・内田前監督の試合後のオフレコ発言「週刊文春デジタル」の音声を「とくダネ!」が放送

会見した井上奨コーチ(手前)と内田正人前監督
会見した井上奨コーチ(手前)と内田正人前監督

 24日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチが23日、都内で約2時間の緊急会見を開いたことを報じた。

 会見で内田前監督は「すべてルールを守るというのが原則として我々はやっております」と発言。また悪質タックルの指示は「私は出していない」と明かしていた。

 しかし、番組では週刊文春デジタルが公開した試合後の内田前監督とみられる人物の発言を放送。悪質タックルについて記者から指摘されると「ミスをするなっていうのは言わないですよ。簡単ですよ。ミスしちゃダメよとか反則しちゃダメよっていうのは簡単なんですよ」と発言。さらに悪質タックルを「内田がやれって言ったってホントにいいですよ。全然。内田がやれって言ったでいいじゃないですか」と明かしていた。

 さらに悪質タックルを指摘されると「あのぐらいラフプレーにならないでしょ」と断言し「こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやったと思いますよ。だから、そろそろ良くなるんじゃないですかね、宮川。法律的には良くないかもしれないけど、そうでしょ。だけど、まぁそういう方向に。それが反則であるっていうのならボクの責任だし」と明かしていた。

 また関学大がタックルについて抗議していることを伝えられると「よく言うよ。何年か前の関学が一番汚いでしょ。それ皆さん言った方がいいよ。これオフレコですよ。そうじゃなかったら関学みたいなチームに勝てないでしょ」と話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請